閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 賃貸経営の利点は資産価値が上がるためにインフレ対策になる
    2. 賃貸経営の利点は建物が減価償却できるから資産を費用化できる
    閉じる

    賃貸経営を素人が始めることのリスクを考慮しつつ土地活用の魅力について語っていく

    賃貸経営の利点は建物が減価償却できるから資産を費用化できる

    賃貸経営によって資産が貯まっていくイメージ

    アパートやマンションなどの建物というのは減価償却ができるということをご存知でしょうか。減価償却と言うのは時間が経過すると資産価値が減少していきますので、それにきちっと対応させるために費用化するという会計手法です。

    建物というのはどのくらい資産価値が減少しているのかというのを測定することができませんので、会計の原則に従って費用化するわけです。

    賃貸経営において建物が減価償却できることは有利に働きます。

    建物は資産を費用化することができる

    アパートやマンションのような建物は資産をして扱われます。購入した段階では資産のままで費用として扱われることはありません。

    賃貸経営として入居者を入れた時と言うのは建物を使っていることになりますので、使った分だけが費用として減価償却をすることが可能です。

    ただし、土地は使ったとしても目減りすることがありませんので、非償却資産に当たり、減価償却の対象外です。実際にはどれだけ使ったのかというのを図ることができませんので、資産ごとの耐用年数に従って資産を費用化する年数で割っていくわけです。

    3,000万円で購入した木造モルタルのアパートであれば、耐用年数が22年になるので、毎年約136万円を費用として計上できるわけです。

    費用化できるからこそ節税することができる

    減価償却によって費用化することができるわけですので、税金の対象となる金額を下げることにつながります。これは税金を合法的に節税することができるわけです。

    賃貸経営だけでなく他の所得との損益通算も可能になります。

    減価償却ができるから節税につながる

    賃貸経営と言うのは大きな資産を手に入れて収益を出して行く必要があります。建物は耐用年数分だけ資産を費用化することができますので、それによって節税につながります。

    関連記事

    1. 賃貸経営戦略を練る不動産業者

      賃貸経営の利点は資産価値が上がるためにインフレ対策になる

    ピックアップ記事

    1. 賃貸経営戦略を練る不動産業者
      いつの時代においても100円のものと言うのは100円で購入することができるわけですが、インフレになる…
    2. 賃貸経営によって資産が貯まっていくイメージ
      アパートやマンションなどの建物というのは減価償却ができるということをご存知でしょうか。減価償却と言う…

    カテゴリー

    アーカイブ

    ページ上部へ戻る