閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 賃貸経営の利点は資産価値が上がるためにインフレ対策になる
    2. 賃貸経営の利点は建物が減価償却できるから資産を費用化できる
    閉じる

    賃貸経営を素人が始めることのリスクを考慮しつつ土地活用の魅力について語っていく

    賃貸経営の利点は資産価値が上がるためにインフレ対策になる

    賃貸経営戦略を練る不動産業者

    いつの時代においても100円のものと言うのは100円で購入することができるわけですが、インフレになると今まで100円で購入できたものが100円で購入できなくなり、物価が上がる状態になります。

    これはつまり貨幣価値が下がるということを意味しています。インフレ時は現金を持つこと自体がリスクになり、不動産や株式などはインフレに強いとされているものです。

    賃貸経営は不動産を持つことになるので、インフレ対策に役に立ちます。

    インフレとはどういうものか?

    インフレと言うのは物価が上昇して通貨の価値が下がる現象のことを言います。100円のものが100円で買えなくなった時と言うのは、物価に対して相対的に現金の価値が下がります。

    しかし、不動産と言うのはモノですので、物価が上昇すればそれに比例する形で価値が上昇していきますので、現金に比べるとはるかにインフレに強いわけです。

    不動産はインフレに強い

    インフレ時に有効になるのはインフレ率と同様に資産価値が上がる商品を持つことです。インフレに強い運用商品として不動産や株式、変動金利の普通預金などが挙げられ、インフレに弱い運用商品として債券や固定金利の定期預金、現金などが挙げられます。

    賃貸経営の場合は土地という資産を運用する形式になるので、インフレ時には土地価格が上昇し、インフレに強い運用方法です。土地価格が上昇するということは建物の状態によっては家賃が上昇することにつながり、その結果として収益がアップすることも可能です。

    インフレ時に賃貸経営を行うのは有利

    インフレ時に賃貸経営を行うというのは、物価の上昇に比して土地価格が上昇し、それを家賃の上昇に転嫁することができるために、有利に働きます。

    関連記事

    1. 賃貸経営によって資産が貯まっていくイメージ

      賃貸経営の利点は建物が減価償却できるから資産を費用化できる

    ピックアップ記事

    1. 賃貸経営戦略を練る不動産業者
      いつの時代においても100円のものと言うのは100円で購入することができるわけですが、インフレになる…
    2. 賃貸経営によって資産が貯まっていくイメージ
      アパートやマンションなどの建物というのは減価償却ができるということをご存知でしょうか。減価償却と言う…

    カテゴリー

    アーカイブ

    ページ上部へ戻る